「氷る世界」の歌詞 霜月はるか

2009/10/14 リリース
作詞
日山尚
作曲
霜月はるか
文字サイズ
よみがな
hidden
ほのかなつきあかりがまも横顔よこがお
あしたけるきみかげ
ただはなのようにりんたたず
時間ときめる

そのまぶたうつ景色けしき
かえりたい故郷ばしょだと気付きづいていたけれど

こころまでこおらせてふさいだ記憶きおく きみつよ
くさりたくふるえたつめたさだけ おも

途切とぎれたみちこうをつめるきみ
昨日きのう彷徨さまよぼくとの狭間はざま
ただつづけた白雪しらゆきだけが
時間ときかさねる

あの言葉ことば宿やどねがいが
なによりもかなしく闇夜やみよかしても

なみださえこおらせて あるいてゆくときみちか
てなきつみかか運命うんめいあらがうため
正解こたえのない迷路めいろ

あらたな未来みらいえが貴方あなた
けた世界せかいわりで
まれた真実しんじつさがすなら…

歌声うたごえねむらせる最期さいごいのきみ欠片かけら
からんだいとつ そのときるまでは

なにもかもこおらせて つるぎるとぼくちか
すべてをててでも 永遠えいえんわすれない
きみ水唱石そこにいるから