「真実の炎」の歌詞 霜月はるか

2007/2/28 リリース
作詞
日山尚
作曲
霜月はるか
文字サイズ
よみがな
hidden
しずからちたまゆ
しろはいちて 旋風かぜまとわる

わらぬ宿命さだめから
のがれるすべさぐ

いしろううつかげ
ときさととうかねひびかす
正邪せいじゃ見定みさだめる正義せいぎため
如何いか犠牲ぎせいともなえども

木陰こかげまもられぬ生命いのち世界せかいらぬというならば
みずかがり いまこそ真実しんじつほのおはな

めぐきれば
るはいつわりの花弁かべん
のこるは「永遠えいえんめぐみ」の
本質ほんしつ目指めざ

よるもりあやつられたゆめ
あかちょうおど旋風かぜまつわる
われぬ宿命さだめから
うつろな未来あすのぞ

てしなきたたかいの最中さなか
ときらせ とうかね
せいわかちたなげきととも
木々きぎいかりをあらわしても

木陰こかげまもられぬ生命いのち世界せかいらぬというならば
みずかがり いまこそ歴史れきしひずみをただ

女神めがみあいされぬ我等われら世界せかいてるというならば
おそれずがり いまこそ真実しんじつほのおやせ