1. 空にいちばん近い場所歌詞

「空にいちばん近い場所」の歌詞 霜月はるか

2006/11/22 リリース
作詞
霜月はるか
作曲
HIR
文字サイズ
よみがな
hidden
おともなくゆき ねむまちつつ
白銀しろがねまる世界せかい
まちはずれのおかですべて見渡みわたすように
たたずむもみの れる

ずっとこの場所ばしょぼくらの日々ひび
つめつづけてきたんだ

うつわってゆくときひとだれよりもっている
ぼくまよいもちいさないのりも めたこころさえも
かくせない

はるかたか目指めざびる
そら大地だいちはし

それは神様かみさまつながっている
とても大切たいせつね…

まちつたわるやさしい伝承でんしょう ははおしえてくれた
ずっとまえからだれもがねがいをかかおとずれる場所ばしょ
わらずに

みきじれば むねたすかお
いのちの息吹いぶき 身体からだをめぐってこころきはなっていく

ぼくねがいをけとめるように
かぜ枝葉えだはらした ゆきよる