「零れる砂のアリア 序章」の歌詞 霜月はるか

2012/4/25 リリース
作詞
日山尚
作曲
なるけみちこ
文字サイズ
よみがな
hidden
あおすなが、さらさらとこぼちていく

たおれたおとこにぎられた砂時計すなどけいは、
かれいのちのこわずかなことをもしめしていた

そのようをぼんやりとつめながら、
おとこはただおもくなったまぶたじる

暗闇くらやみこうから、少女しょうじょこえびかけていた

すぐそこからなのか、
それともずっと過去かこからなのか
とお記憶きおくかさなっていく

それは、おなじように背中せなかかんじた
まだかれ少年しょうねんだったころ物語ものがたり――