1. Endless Summer歌詞

「Endless Summer」の歌詞 霜月はるか

2007/9/26 リリース
作詞
横山武
作曲
井上日徳
文字サイズ
よみがな
hidden
なつわりをげる夕立ゆうだち
ビルのなかへとげこむけど
かささずにはし少年しょうねん
その眼差まなざしがあなたにていた

とおうみしずんだ宝物たからもの
さがすように 毎日まいにち
もがきながらおよぐの

ゆめかってすすむあなたの
なみだ背負せおうことは出来できなくて
だからせつないときってね
いつだっていにくよ

なが坂道さかみち あが途中とちゅう
ふと足元あしもと不安ふあんになる
ひとだれでもひとりになって
すぐそばにあるやさしさにづく

けられないいたみや後悔こうかい
れてくつよさを
そっとおしえてくれた

くしたものはもどせない
だけどこころなかきている
どんな未来みらいがやってようと
わすれない あなただけは

そらとり かぜはな
ひかなついかけはし
ねが気持きもちを のぞちから
いつまでも大事だいじにして

ゆめかってすすむあなたの
なみだ背負せおうことは出来できなくて
だからせつないときってね
いつだっていにくよ