1. Starting Voice歌詞

「Starting Voice」の歌詞 霜月はるか

2014/4/23 リリース
作詞
霜月はるか
作曲
霜月はるか
文字サイズ
よみがな
hidden
ふかふかいきんで
そっとこころどあひらいて
空気くうきふるわす瞬間しゅんかんぼく世界せかいえてゆく

突然とつぜんきりのように こころめた不安ふあん
はばむ そんなぼくらの日常にちじょう
なやめばなやむほど こたえはつからない

弱気よわき自分じぶんに(だれかに)失望しつぼうされたくなくて
のどにつかえた言葉ことばが またえてゆく
出口でぐちをなくした気持きもちがむねさけんでる

だれだってすこしは つよがっていたいものさ
ありのままのよわさを せるのはこわ
でもじたどあなかうずくまっていても
わらないとっているでしょう?

ふかふかいきんで
ひとつひとつ気持きもつむいで
空気くうきふるわす瞬間しゅんかんぼく世界せかいえてゆく
わした言葉ことばから いつしかひらけてゆく未来みらい
えてくるみちが きっとあるはず

ひそかにいだいてる 「なりたい」野望やぼうゆめ
ふくらみしぼむ そんなぼくらの日常にちじょう
おもいをせるけど 現実げんじつとおすぎて

未熟みじゅく自分じぶんを(だれかに)評価ひょうかされたくなくて
くちにしかけた言葉ことばを またかきした
まえすすみたい気持きもちがむねさけんでる

だれだって自分じぶんおおきくせたいものさ
ありのままのよわさで けるのはこわ
でもじたどあなかうずくまったままで
あきらめてしまっていいのかな?

ふかふかいきんで
そっとこころ背中せなかすよ
空気くうきふるわす瞬間しゅんかんぼく世界せかいえてゆく
言葉ことばにするうちに 自然しぜんそだってゆくおも
はなさないで きしめて

よわっていたぼくこころ
めてくれてありがとう
しんじる気持きもくさずに
はなせてかった

ふかふかいきんで
そっとこころどあひらいて
空気くうきふるわす瞬間しゅんかんがいつも 世界せかいえてゆく
わした言葉ことばから 未来みらいひらけてゆくこと
ぼくっている だからつたえよう