1. 昭和名残り唄歌詞

「昭和名残り唄」の歌詞 青戸健

2011/12/7 リリース
作詞
永井龍雲
作曲
永井龍雲
文字サイズ
よみがな
hidden
ふとづる かなしみは
演歌えんかながしの くギター
あきらめきれずに のこ
昭和時代しょうわじだい名残なごうた
かさひらいて っていた
改札口かいさつぐちあめなか

薬缶やかんかして すす
インスタントの こな珈琲こーひー
都会とかい片隅かたすみ わすれられた
六畳ろくじょう一間ひとま鳥籠とりかご
ゆめだまって いていた
炬燵布団こたつぶとんくるまって

ふとげる せつなさは
プラットホームの ほつがみ
こころつぶれる まなさに
故郷こきょう列車れっしゃの ベルのおと
まどひらいて った
なみだ笑顔えがおで いつまでも