「はるなつあきふゆ」の歌詞 青葉市子

2013/10/23 リリース
作詞
山田庵巳
作曲
山田庵巳
文字サイズ
よみがな
hidden
2人待ふたりまちわびたはる
そよかぜをつれてあるこう
たこともないはなには
きな名前なまえをつけてしまおう

あなたがうまれたなつ
木漏こもしたはなそう
水辺みずべねるひかりは
そのやわらかなかみかざろう

はるなつあきふゆ
めぐりゆく月日つきひ
あとどれくらい
かぞえられるのかな

これからおとずれる
すべての月日つきひ
きっとあなたに
ささげるために
あるのだろう

二人ふたり出逢であったあき
ながかげれてあるこう
黄昏たそがれ坂道さかみちでは
あのころおなじキスをしよう

ふたたびめぐりふゆ
しずけさにみみまそう
つめたいきりよるには
ぬくもりをわけってねむろう

はるなつあきふゆ
めぐりゆく季節きせつ
あとどれくらい
辿たどってゆけるかな

いつかおとずれる
最後さいごまたたきの
そのときまで
ずっとそば
そばにいて