「機械仕掛乃宇宙」の歌詞 青葉市子

2013/10/23 リリース
作詞
山田庵巳
作曲
山田庵巳
文字サイズ
よみがな
hidden
ずっとわすれないで ずっとわすれないよ
不揃ふぞろいのつめたいいしならべただけのこのまち
ぼんやりとした太陽たいようは うっすらぼくらしてる

こと有名ゆうめいな なんにもできないこのぼく
まちだれからもさげすまれ 1人ひとりぼっちでらしていた

あさひかりわすれてしまった人々ひとびとにしてみれば
そら見上みあげてばかりいる
ぼくはまがいものさ
ぼくおろもの
ぼくわらもの
ぼくもの

暗闇くらやみときおおすぎて とき暗闇くらやみでありすぎて
人々ひとびとはやがて夜明よあけがことわす
不平不満ふへいふまんくちにして ゆめかたわなくなったよ
だけれどもそうきみだけは 街中まちなかでたった1人ひとりきり
けっしてひかりわすれない ぼく笑顔えがおせてくれる

ああいとしのきみ
可愛かわい笑顔えがおきみ
ぼくこころやみらし
あたためてくれた

そばてくれるなら
ぎゅっとえるなら
ほかなにもいらない
いとしいきみいとしいきみ

きみにいいものせてあげよう
なんにもできないこのぼく
すべてをかけてこしらえた

機械仕掛きかいじかけの宇宙うちゅう

だれにも内緒ないしょだよ
だれにも内緒ないしょだよ

ほのぐら部屋へや薄闇うすやみなかにほら、ひっそりかくれてる
丈夫じょうぶ鉄骨てっこつ精巧せいこう歯車はぐるまほししたオブジェと
だれにも内緒ないしょだよ
2人ふたりだけの秘密ひみつだよ

機械仕掛きかいじかけの宇宙うちゅうまわつづける ゆっくりしずかに
こんながいつまでもつづけばいいっておもってた

きみがいなくなって ぼくがらになって
いてばかりいたよ
宇宙うちゅういて 星達ほしたちゆめをなくして
うつむいてばかりさ

機械仕掛きかいじかけの宇宙うちゅうまわつづける

まわつづける

ゆっくりしずかに

こんながいつまでもつづけばいいっておもってた

ずっとわすれないよ ずっとわすれないで

不揃ふぞろいのつめたいいしならべただけのこのまち
ぼんやりとした太陽たいようは うっすらぼくらしてる