「冬の空」の歌詞 音速ライン

2005/11/16 リリース
作詞
藤井敬之
作曲
藤井敬之
文字サイズ
よみがな
hidden
なつおもさらさらと おともたてずに色褪いろあせて
きみおくった花模様はなもよう こたえもせずに空回からまわ

ふゆそら 見上みあげたそら うつろう日々ひびわらって
ぼくはいつも むねなかきみ言葉ことばをさらう
かたちのない明日あしたながみちのりをはし
いつのにか出会であったそら きみ言葉ことばさがたび

突然とつぜんのさよならは 夕暮ゆうぐ間近まぢかあめになり
りそそぐ 僕達ぼくたちのからっぽなこころたすように

ふゆそら 見慣みなれたそら うつろうきみわらって
ぼくらいつも むねなか日々ひび言葉ことばをさらう
かたちのない明日あしたながみちのりをはし
いつのにか出会であったそら きみ言葉ことばさがたび

わすれないで いま一人ひとり あるせる そんなうた
おそれないで きみ一人ひとり あるせる そんなうた