1. 半分花歌詞

「半分花」の歌詞 音速ライン

2008/3/12 リリース
作詞
藤井敬之
作曲
藤井敬之
文字サイズ
よみがな
hidden
どこまでも どこまでも
きみわらずきたいな
よろこびもかなしみも
きみ半分はんぶんずつ

とおくまで

きみぼくとの感情かんじょう
たたか明日あすへその友情ゆうじょう
あれこれそれどれ?
ぼくらはいつでも欲深よくぶかいもので
適当てきとうところ妥協だきょうして
そんな自分じぶんいやになって
それでもぼくらは
明日あすという未来みらいすすんでく

つよがってないで素直すなおになれよ
きたいときおも
すこ前行まえいくあのひとうらやまえにできること
ひとつ ひとつが宝物たからもの
きみえがした宝物たからもの
それだけきざんでいけば
なにこわくない

どこまでも どこまでも
きみあるいてきたいな
よろこびもかなしみも
きみ半分はんぶんずつ

だれよりも だれよりも
きみしあわせにするから
どこまでも どこまでも
二人ふたりえがいていこう

とおくまで

きみぼくとの情景じょうけい
簡単かんたん言葉ことばOKオーケー
でこぼこみちはし
それぞれの景色けしきにそれぞれのいろ
心許こころもとないそんな
ちょっとだけ不安ふあんなそんな
ちいさくわらばす
伊達だてじゃないきみ心意気こころいき

わすれずにむねきざんでいこう
きみわらずにとしきざもう
かけがえないこのときともごせるそのしあわせの
ひとつ ひとつが宝物たからもの
きみえがした宝物たからもの
それだけわすれなければ
なにこわくない

坂道さかみちがる
かえきみわらうなら
それだけで それだけで
心満こころみたされたあのころ

大切たいせつ気持きもちさえ
わすれてしまいそうなとき
おも並木道なみきみち
ちかったあのひかりなか

だれよりも だれよりも
きみしあわせにすること
どこまでも どこまでも
このむねけて
とおくまで

とおくまで…