「夏色の風」の歌詞 音速ライン

2010/7/21 リリース
作詞
藤井敬之
作曲
藤井敬之
文字サイズ
よみがな
hidden
した空滲そらにじんでえた
二人ふたりつくった境界線きょうかいせん
不埒ふらちゆめあきらめかけた
あわ感情かんじょうむねすけど

かえ日々ひびいろわすれた
不確ふたしかなよる境界線きょうかいせん
ぼやけたままのあたまなか
あのひとこえひびいてる

ぼくらのまちかぜ
いろ いろ 色鮮いろあざやかな
夏色暮なついろくれる夕暮ゆうぐいろ
きみがそこにいたんだ
おおきくいきんで
おもいをつたえたいよ
おなそら下君したきみつながっていたいんだ
なついろ

ため息一いきひとそらこうに
しあわせの意味いみめて
どこまでけるかたしかめながら
こんなにもとおところまで

コトバよりずっとたしかなものを
さがつづけてた境界線きょうかいせん
気付きづかないふりをしていただけの
気弱きよわなハートにけて

ぼくらのまちかぜ
いろ いろ 色鮮いろあざやかな
夏色暮なついろくれる夕暮ゆうぐいろ
きみがそこにいたんだ
おおきくいきんで
おもいをつたえたいよ
おなそら下君したきみつながっていたいんだ

いつだってぼく遠回とおまわりして
大切たいせつなものはうしなってから気付きづくんだ
なつきみえないでいて
れないぼくのこころのはなになれ

ららら