「記憶」の歌詞 響貴-HIBIKI-

2008/5/2 リリース
作詞
響貴-HIBIKI-
作曲
KENTAROU ISHII
文字サイズ
よみがな
hidden
いまわすれない きみがお
最後さいご言葉ことばむねをしめつける
素直すなおになれずに きみきずつけた
やさしい笑顔えがおいたい えない

ひときになるということ おしえてくれた その手離てはなさないで

最初さいしょ最後さいごこいしんじていた ながしたなみだかずだけつよくなれた
さよなら はじめて ぼくわかってくれた本当ほんとう大切たいせつひと

えらんだ未来みらい間違まちがいじゃないと 自分じぶんこころつよかす
後悔こうかいはない?」とたずねられるたび
うそ笑顔えがおだけ うまくなっていく

きみ仕草しぐさ口癖くちぐせきな言葉ことばすべおぼえている

わすれてしまいたい 過去かこなにもかも
記憶きおくそこからきみしてほしい
あのみち あのきょく 二人ふたりだけの約束やくそく もう2度にどまもれないから

この出会であいも わかれも きみとの運命さだめ
あい ゆめ 希望きぼう とどかない おもいを

わすれてしまいたい 過去かこなにもかも
記憶きおくそこからきみしてほしい
あのみち あのきょく 二人ふたりだけの約束やくそく もう2度にどまもれないから