「歓喜の歌」の歌詞 頭脳警察

1993/11/21 リリース
作詞
Pantax's World
作曲
Pantax's World
文字サイズ
よみがな
hidden
だれなにしんじられない 存在そんざいさえしたがってる
そんなオレの困惑こんわくなかつきへびはな
オレはいまとばしているよ
爪先つまさきからきだすほど
恥辱ちじょくめてるとびら
歓喜よろこび火花ひばな
うつくしき 神々かみがみ火花ひばな

あのときから希望きぼう夜空よぞらんでだまりつづけた
かなしさから それとも恐怖きょうふから 無限むげんなかせていた
がれた瓦礫がれきにしがみつく
おまえのめられたちかいが
いつくしみのあめながされてく
歓喜よろこびうつくしき火花ひばな
神々かみがみらす火花ひばな
Wow この接吻くちづけを いまげつけろ れなすはた
Wow この歓喜かんきを いまみつぶせ おまえの長靴ブーツ

せかけのおだやかさに いつわりのかがや
苛立いらだちから それとも本能ほんのうから おまえのつめてた
かれたひつぎから
おまえのこえにならないさけびが
天使てんし合唱がっしょうかわってく

Wow どうしたらいいのさ おまえがいまそばにいるのに
Wow なに出来できやしない してやれない オレのがゆさを
Wow この接吻くちづけを いまげつけろ 微笑ほほえ女神めがみ
Wow この歓喜かんきに いまはいをあげよう れたグラスで

La la~