1. パズル歌詞

「パズル」の歌詞 風味堂

2013/11/10 リリース
作詞
渡和久
作曲
渡和久
文字サイズ
よみがな
hidden
あぁ また今日きょうもキミとくだらないことでケンカした
キッチンにくテーブルえらびががねとなった
きなもの 音楽おんがく趣味しゅみ どれをとっても
わない二人ふたり一緒いっしょらしてりゃ まぁ当然とうぜんのオチさ

そのうえまたボクはりもせずに 仲直なかなおりの言葉ことばさがしてる
そんなボクのこの不思議ふしぎ気持きもちを キミは理解りかいする義務ぎむがあるだろう
だからながくなるけど ガマンしていてね

ヒトはみなまれたときはちっぽけな それぞれちがかたちのカケラで
つながりえるだれかをもとめて とおけわしいたびるもんさ
そのみちてでったボクらが どこもかしこもすべぎゃくなのは
たがいの隙間すきまうように たがいがたがいをささうため

だからボクらははなれられなくて 何度なんどでもまたゆるうんだよ
そんなワケでもう機嫌直きげんなおして とりあえずまぁうたでもうたえば

ラララ…ふたつのこえかさなる
ラララ…ようするにまぁ、いたかったのは つまり、そう…「ゴメンね」

ねぇワタシのどこがき?ってキミはいつもくけど
全部ぜんぶだよってこたえりゃキミはふくれっつらになる
かおからだ性格せいかくさえもうえにゃうえがいて
だけど なぜだかキミはだれよりもなんだかしっくりくるんだ

そんな曖昧あいまいなボクの返事へんじを どんなにキミがきらったとしても
それをうまくひとことあらわ言葉ことばは どの辞書じしょにもってなくて
だからながくなるけどガマンしていてね

ヒトはみなまれたときはちっぽけな それぞれちがかたちのカケラで
つながりえるだれかをもとめて とおけわしいたびるもんさ
そのみちてでったボクらは ればるほどすべて魅力的みりょくてき
ボクにないものをキミはってて キミにないものをボクはってる

だからボクらは本能ほんのうのままに ただかれあいうんだよ
そんなわけでもう機嫌直きげんなおして とりあえずまぁうたでもうたえば

ラララ…ふたつのこえかさなる
ラララ…ようするにまぁ、そのままのキミが つまり、そう…「タイプさ」

きっとボクらは巨大きょだいなパズルの やく7,000,000,000 ピースのなか
ここにならんで世界せかいいろどる さだめを背負せおまれてきたんだ
うえてごらんパパとママだよ よこてごらん友達ともだちもいる
そしてしたればまだなにもない そこはこれからまれるいのち

そうさボクらがるこの場所ばしょから 世界せかいかぎりなくひろがってく
想像そうぞうもつかない未来みらいだけど とりあえずまぁうたでもうたえば

ラララ…ふたつのこえかさなる
ラララ…ようするにまぁ、このさきもずっと つまり、そう…「ヨロシクね」