「眠れぬ夜のひとりごと」の歌詞 風味堂

2005/6/22 リリース
作詞
KAZUHISA WATARI
作曲
KAZUHISA WATARI
文字サイズ
よみがな
hidden
不自由ふじゆう自由じゆう不可解ふかかい世界せかい しょせんこのはオトナが支配しはいしてるから
こどもは無理むりやりオトナにさせられる 息苦いきぐるしいからぼくはうたをうたうのさ

そうさナンダカンダったって ぼくきなことだけをやりたいのさ
ワガママでもいいみちをいくよ たとえなんわれようとも
くままかぜくまま ぼくあるさきには明日あすがある
こんなぼく一緒いっしょにいてくれるきみには ちょっともうわけないけど

不自由ふじゆう自由じゆう不可解ふかかい世界せかい しょせん"はたらかざる者食ものくうべからず"
仕事しごとギライも個性こせいのうちだと たまにはだれかにさけびたいのさ

ぼくみたいないい加減かげんなヤツも なんとかこうやっていまきてる
ようみち自分じぶんひらくもんだと ようやく実感じっかんしたんだ
もしかしたら ひょっとしたら これが"きる意味いみ"ってヤツなのか?
どうしようもないくらい身勝手みがっておとこねむれぬよるのひとりごと...

そうさナンダカンダったって ぼくきなことだけをやりたいのさ
ワガママでもいいみちをいくよ たとえなんわれようとも
くままかぜくまま ぼくあるさきには明日あすがある
こんなぼく一緒いっしょにいてくれるきみには ちょっともうわけないけど

無責任むせきにんなのかもしれないけど くだらないオトナがやってる
ムダなあらそいには まった興味きょうみがないんだ
きなうたをきなだけうたって さけとたばことピアノ
そして すぐそばにきみがいればいい