「笑ってサヨナラ」の歌詞 風味堂

2005/6/22 リリース
作詞
KAZUHISA WATARI
作曲
KAZUHISA WATARI
文字サイズ
よみがな
hidden
そうアタシはつよおんなだから
アンタなんかのわりはいくらでもいるのよ
わらってサヨナラってあげたわ
でも今一番いまいちばんさびしいのは

グラスのこおりけるおと
そしてこのまちけること

そうアタシはよわおんなだから
アンタなんかのせいでなみだれるの
路地裏ろじうらのノラネコみたいにさまようアタシ
でも今一番悲いまいちばんかなしいのは

ピアノの音色ねいろとおさけ
それだけがアタシにやさしすぎること

ねぇ マスター今夜こんやだけは
アタシをめないでわせて
ひとときだけのゆめなかでいいから
こんなアタシに永遠えいえんかんじさせてよ

そうアタシはただのおんなだから
アンタがそばにいないとどうにも意地いじれないの
"わらってサヨナラ"最後さいごつよがり
でもただひとつかってるのは

オトコはいつも薄情はくじょう
そんなアンタをいまでもあいしてる
皮肉ひにくなものねこんなときだけ
おんな素直すなおになるんだから

ねぇ マスター今夜こんやだけは
アタシをめないでわせて
ひとときだけのゆめなかでいいから
こんなアタシに永遠えいえんかんじさせてよ

マスター今夜こんやだけは
未練みれんがましいおんなでいさせて
あとすこし あとすこしだけでいいから
出会であったころのあのヒトとふたりでいさせて