「君と歩いた青春」の歌詞

1976/1/1 リリース
作詞
伊勢正三
作曲
伊勢正三
文字サイズ
よみがな
hidden
きみがどうしても
かえるとうのなら
もうめはしないけど
心残こころのこりさすこ
しあわせにできなかったこと
故郷くにかえったら
あいつらに うといいさ
よろしくつたえてくれ
きっとまた むかしのように
みんなで たのしくやれるさ
みんないいやつばかりさ
ぼくとはちがうさ
そしてあのころ
おなじように
みんなでりへでも
きなよ

ケンカばやいやつもいた
なみだもろいやつもいた
みんなきみのことが
きだったんだよ
本当ほんとうはあいつらと
約束やくそくしたんだ
けがけはしないとね
バチあたりさぼくは
だけどほんとさ
あいしていたんだ
きれいな夕焼ゆうやぐも
おぼえているかい
きみはじめて出逢であったのは
ぼくが一番最初いちばんさいしょだったね

きみあるいた青春せいしゅん
まくじた
きみはなぜ
おとこまれて
こなかったのか