1. 夜汽車は南へ歌詞

「夜汽車は南へ」の歌詞

1977/5/10 リリース
作詞
伊勢正三
作曲
伊勢正三
文字サイズ
よみがな
hidden
うれいをのこして夜汽車よぎしゃみなみはし
ときながれとすれちがうようにはし
しずけさがいま 友達ともだちなら
だまってまどにもたれよう
どこかで目覚めざめたばかりの
あかぼうこえがよくひび
そのけたたましいほどのごえ
だれにくむことはできない
ああ 人生じんせいがくりかえすものなら
またいつかきみ出逢であうだろう

はしりゆく列車れっしゃ網棚あみだなうえかれた
だれにもなじみの菓子箱かしばこがひとつゆれてる
そのかえりを人々達ひとびとたち
そしてかえってゆくひと
ひとりの人生じんせい
いくつかのきずなむすばれてる
そのうつくしすぎるほどのきずな
ほどきながら汽車きしゃはゆく
ああ とおざかるほどきみちかづく
ぼくのこころのレールをはしって