「くちなし悲歌」の歌詞 香西かおり

2014/9/24 リリース
作詞
小谷夏
作曲
三木たかし
文字サイズ
よみがな
hidden
わすれていた ゆめたのよ あなたに
まだそんな 気持きもちになれる
自分じぶんうれしくて 可愛かわいくて
ゆめうえゆめかさねたの

あれは 梔子くちなしくころ
わたし子供こどものころの お伽話とぎはなし
かえってきたと おもったわ

だってひとさびしすぎるわ ひとりじゃ
がさめて あなたがいると
わたしは それだけで ぎた
いやなことを わすれられたわ

あま梔子くちなしにおいに
わたし子供こどものころの ちいさなうた
おもしては うたったわ

でもやっぱり 無理むりがあったの どこかに
神様かみさまやさしくなかった
みさき秋風あきかぜつころに
わたしたちは 微笑わらってわかれた

いつか 梔子くちなしいても
わたし子供こどものころの お伽話とぎはなし
くちにしないわ もう二度にど

だれかがっていた
梔子くちなし物言ものいわぬはな
だれかがっていた
梔子くちなし物言ものいわぬはな

だれかがっていた
梔子くちなし物言ものいわぬはな
だれかがっていた
梔子くちなしはさよならのはな