「さがしもの」の歌詞 馬場俊英

2014/10/1 リリース
作詞
馬場俊英
作曲
馬場俊英
文字サイズ
よみがな
hidden
さよなら ぼくひかり ふたりでえがいた日々ひび
かりえたあのはもう ここにも どこにもない
はなればなれになるまえに こぼれちてしまうまえ
さがすべきものが いくつもあった

すれちがいはなんとなく だれのせいでもなくて
たがこころせることも わすれていた
いつでも出来できることだと いつまでもやらずにいた
いつでもえる言葉ことばを いつでもわずにいたね ふたり

めぐりったあののように ふたりでわらいたかった
意味いみのないはなし途中とちゅう本当ほんとうのことつたえたかった
さびしいときには きみさびしいってえばよかった
さがすべきものは いつもきみだった

夕暮ゆうぐれが街並まちなみを やがていて
結局けっきょく ぼくきみなにになれたのだろうかと 歩道橋ほどうきょうまり
えらばなかったあのみちあるかなかったこのみち
みちをしてなかった こころがまたかえいま

こんなにはどこかとおく ふたりできたかった
ちいさかったおもいも全部ぜんぶ 言葉ことばにすればよかった
いそがしくて つかれて ずっと きみはなしかなかった
さがしたいものが いくつも いくつもある

いつのに はぐれてしまったのか

めぐりったあののように もう一度いちど わらいたかった
意味いみのないはなし途中とちゅう本当ほんとうのことつたえたかった
くるしいときには きみくるしいってえばよかった
さがすべきものは いつもきみだった

きみだった ふたりでわらいたかった

さがすべきものは いつもきみだった