「ラーメンの歌」の歌詞 馬場俊英

2012/11/7 リリース
作詞
馬場俊英,須藤晃
作曲
馬場俊英
文字サイズ
よみがな
hidden
つまらないうそをついて いつまでもいていた
駅前えきまえかどなら路地裏ろじうらのラーメン
もういいからはやえと となり親父おやじ
しゃくりあげながら すすりこんだ あのラーメンのうた

はじめての給料日きゅうりょうびにも がつけばここにいた
ビールを一本頼いっぽんたのひと餃子ぎょうざ乾杯かんぱいをした
自分じぶんかせいだかね自分じぶんのラーメンをべる
つまらないあじ平凡へいぼんあじ最高さいこうのラーメンのうた

チャーシューが1枚いちまいと メンマが45本ごほん
きざんだネギと海苔のりだけで ほかなにがいるだろう
ラーメン! スープをせば
ラーメン! 明日あしたわらした
もうすこしやってみよう 最後さいごまで頑張がんばってみよう
こえるよ あのラーメンのうた

はじめてのデートもここに きみれてきた
テーブルのせき2人ふたり むかってすわったよね
なんにもなかった あのころぼくら おかねなんていらなかった
美味おいしいってきみわらって そこでぼく未来みらいめた

ゆめがひとれと なみだ23粒さんつぶ
きざんだ日々ひびあせまみれの ありふれた人生じんせいうた
ラーメン! スープをして
ラーメン! ふたりでわらした
ぼく結婚けっこんしてしい ぬまであいしてる きみだけを ああ青春せいしゅんうた

きらわれてもけむたがられても かなえたいことがある
でもやりきれないまりのよる またラーメンをすすれば
やりたいように自由じゆうにやれと 親父おやじこえがする
かなしくて せつなくて くやしくて みんな馬鹿野郎ばかやろうだ あのラーメンのうた

チャーシューが1枚いちまいと メンマが45本ごほん
きざんだネギと海苔のりだけの それだけの愛情あいじょう
ラーメン! なみだして
ラーメン! すべてをれよう
おれはまだやれる まだまだ頑張がんばれる こえるよ

ラーメン! 今日きょうゆめがひとれと
ラーメン! なみだ23粒さんつぶ
スープをして 明日あした乾杯かんぱいをしよう
こえるよ あの青春せいしゅんうた

こえるよ ラーメンのうた