「吊り橋」の歌詞 馬場俊英

2012/4/25 リリース
作詞
須藤晃,馬場俊英
作曲
馬場俊英
文字サイズ
よみがな
hidden
きたから ててしまおう ふるいから ててしまおうか
わりならいくつもあるし あたらしくえばいい

もしぼく使つかふるした 自転車じてんしゃがサヨナラとって
かたとしったなら ぼくはどうするだろう

夕暮ゆうぐどき 家路いえじいそぐ そこにわらぬ ありふれた場所ばしょ
かならず わらないで そこにあるとおもっていた

フランスのちいさなまち あたしをいつかれてって
田舎者いなかもの田舎いなかくかと わらったままわすれてた

ただ一度いちどかんがえなかった ぼくのこきみがゆくなんて
ザマをみろ バチアタリメ もうおそくがいい

よわくもろい こころかく威張いばらし なにまもっただろう
かならず わらないで きみがいると おもっていた

かならず そこにいると ずっとしんじていた

けば きみがいると ぼくはずっとおもっていた