「君がくれた未来」の歌詞 馬場俊英

2009/6/9 リリース
作詞
馬場俊英
作曲
馬場俊英
文字サイズ
よみがな
hidden
旅立たびだちのときいま たのに
かなしくないのは 何故なぜだろうってかんがえてた

はしけた季節きせつ いくつも あざやかによみがえるたび
さみしさより きみがくれた やさしさがむねめぐるから

雨上あめあがりの光浴ひかりあびて まぶしいくらいにらされた
わすれないよ あの街並まちなみ あのの あのかがやきを
言葉ことばはもういらないから えなくなるまで わらってよ
わすれないよ きみがくれた未来みらい
ぼくらのひかりが はしけた 時代じだい

いちばん最後さいごおく言葉ことば
ずっとかんがえてたんだよ いままでありがとう

出会であったそらいまでも 見上みあげればそこにあるんだね
ゆめまよころんだあこがれをきしめてくれた

旅立たびだちという名前なまえをした おわかれがわろうとしてる
わからないよ 何故涙なぜなみだが どうして あふれてくるのか
かぞれないサヨナラを まどそとながしながら
わすれないよ きみがくれた未来みらい
ぼくらののぞみが こだましている 未来みらい

ここからはじまる旅路たびじが もうはじまってる

雨上あめあがりの光浴ひかりあびて まぶしいくらいにらされた
わすれないよ あの街並まちなみ あのの あのかがやきを
くたびにとおざかる きみごしたこのまち
わすれないよ きみがくれた未来みらい
ぼくらのひかりが はしけた 時代じだい

きみがくれた 未来みらい