「君の中の少年 ~ Live at 2007.4.29 大阪城野外音楽堂」の歌詞 馬場俊英

2007/7/25 リリース
作詞
馬場俊英
作曲
馬場俊英
文字サイズ
よみがな
hidden
このまちの どこかにいまも あのゆめねむらせてある
暗闇くらやみこうがわから 少年しょうねんぼくつめている

もう10年以上前じゅうねんいじょうまえあせんだふるいグローブの
なかあせをかいたのひらが なにかつかもうとしているんだ

市営しえいグラウンドの駐車場ちゅうしゃじょうかべおもげつけた
ボールはまるで場所ばしょ情熱じょうねつかたまりのように
かえかえかえ
ころがって ころがって ころがって またもどって

あの寝転ねころがったくさにおい あのすべんだつちにお
いきんだ 一瞬いっしゅん静寂せいじゃく 見上みあげたそらいろ
あの青春せいしゅんかがやきが このころにくたらしかった
しんじることから だからげながら

夕暮ゆうぐどき日曜日にちようびは ボールのおとひびわた
よごれたかべはいくつもの やぶれたゆめかなしみのあと
ひたすらかべにぶつけては ひたすらそれをめる
ああ もう一度いちど もう一度いちど ゆめしい

終電車しゅうでんしゃまどうつ自分じぶんかおながめてた
坂道さかみち途中とちゅうまり きみ部屋へやかりつめた

ゲームセットのそのまえに スリーアウトのそのまえ
もう一度いちど たしかめてみたい もう一度いちど あのかべって
きしめて きしめて きしめて
めて めて めて もどしてみたい

あの土砂降どしゃぶりのあめにおきみきしめたかみにお
いきめて 全身ぜんしんかんじた しそうな鼓動こどう
あの青春せいしゅんかがやきに いつけなくてくるしかった
つめることから だからげながら

ずっとずっとずっとまえわすれかけていたスピードで
鼓動こどうがリズムをきざす まだやれる うかもれない
まだ うかもれない まだ うかもれない
グローブのなかあせばんだいま なにかつかもうとしている
ああ もう一度いちど もう一度いちど ゆめしい

このまちの どこかにいまも あのゆめねむらせてある
暗闇くらやみこうがわから 少年しょうねんひとみぼくつめている