1. 弱い虫歌詞

「弱い虫」の歌詞 馬場俊英

2012/11/7 リリース
作詞
馬場俊英,須藤晃
作曲
馬場俊英
文字サイズ
よみがな
hidden
あめにもけず かぜにもけないで
よくはなく けっしておこらないで
められたって けなされたって
いつでもしずかに わらっている
ああ そういうひとに ならなくていい
ああ なれなくていい

とおまちから きみ手紙てがみ
あんなこと こんなこと 毎日まいにち出来事できごと
たのしい」ときみかえすたびに
本当ほんとうたのしくないんじゃないかと心配しんぱいになる
ああ 暗闇くらやみなかきみさみしさ ぼんやりとかんでる
ああ かんでいる

街角まちかどでは 野良犬のらいぬたちが 野良猫のらねこたちをイジメている
野良猫のらねこたちは ネズミをイジメて
ネズミたちは むしたちをイジメてる
ああ むしケラたちは なにわずいつくばってきている
ああ そうさきている

だれより不幸ふこうだれよりしあわせか
下心したごころがバレないよう びくびくしながら
だれかになるために こころてるなよ
にたくなるほど 自分じぶんめるなよ
ああ 街灯がいとうむらがる 人間にんげんたちのうたこえてくる
ああ こえてくる

ああ うえいてあるいても なみだあふれてきたならば
そうさ ぼくかって さけんでしい

弱虫よわむしでも かまわない きみやさしいひとになれ
むしでも べつにかまわない きみ素直すなおひとになれ
ああ だれかをこまらせてまで つよくなる必要ひつようなどあるものか
ああ あるものか

ビルのうえから まちながめてごらん
しょせんぼくらは むしじゃないか
かぜあおられて あめたれて
ときどきなみだぐみながらあるけばいい
ああ なみだがあふれたら ぼくかってさけんでくれ
ああ さけんでくれ