1. 思い出のレストラン歌詞

「思い出のレストラン」の歌詞 馬場俊英

2014/10/1 リリース
作詞
馬場俊英
作曲
馬場俊英
文字サイズ
よみがな
hidden
れた日曜にちようまちくるまはしらせる
環状線かんじょうせんみぎれて 西にしつづみち
きみがいたころはいつも つぎのパーキングで
地図ちずかぜ天気てんき笑顔えがおとガソリンをたしかめた

電話でんわこえおなじだった 何年なんねんったのに
きみ最後さいごのキスをしてから

わせは ふたりのおものレストラン
海沿うみぞいのちょっと素敵すてきなワインディングロード
がりくねる おも辿たど
FMからながれる最高さいこう!Stephen Bishop
ふたりくちずさんだのさ「On And On」
きみにおいがいまよみがえぼくはスピードをちょっとげる

きみうとげたとき ぼくともだちと
ともだちの彼女かのじょくちそろってどうするといた
そんなことはらないけど きみいにこう
ぼくなかにいるきみきみなかぼくいたがってる

街並まちなみはすこわってた 何年なんねんったのさ
きみはどんなふくてくるだろう?

わせは ふたりのおものレストラン
ローソクにともしていたころ どんなよる特別とくべつだった
つぎのカーブがれば 右手みぎてにレストラン
すこはやいけれども まあいいさ
いつもきみたせたこと おそくなったけどこれであいこ

わせは ふたりのおものレストラン
海沿うみぞいのちょっと素敵すてきなワインディングロード きみにおいが
いまよみがえ
FMからながれる最高さいこう!Stephen Bishop
ふたりくちずさんだのさ「On And On」
きみつづおもたどる ぼくはスピードをもっとげる