「いちばん やさしい風」の歌詞 高杉さと美

2008/2/20 リリース
作詞
古内東子
作曲
古内東子
文字サイズ
よみがな
hidden
いたくて なみだあふれるほど
ひときになったことあるでしょ
あなただって 部屋へやかえってから
だれかのかおおもかべるでしょ
どんなちいさな出来事できごと
たとえば おこったり わらってみたり
かちいたいときがあれば
電話でんわでもいいからかせてね

せつなく せつなく ちりゆくこい
いつかは いちばん やさしいかぜになって
だれかのこころに きっと そよぐがくる きっとそよぐがくる

何年なんねん月日つきひがたっただろう
たがすこしづつ がんばったけれど
あなたには 何度言なんどいっただろう
たくさんのありがとう
なにもかもわかってる
つい大人おとなのふり いつもしちゃうから
時々少ときどきすこしかってほしい
あなたぐらいしか 出来できないこと

あきらめかけた あのゆめ
もう一度本当いちどほんとうは もうすこつよ
こころいてずっとはなさないでね
ずっとはなさないで いつかかなが いつか かながくる

せつなく せつなく ちりゆくこい
いつかは いちばんやさしいかぜになって
だれかのこころに きっとそよぐがくる きっと そよぐでしょう
きっとだれかのもとに きっととどがくる