「百恋歌」の歌詞 高杉さと美

2007/10/3 リリース
作詞
宮沢和史
作曲
宮沢和史
文字サイズ
よみがな
hidden
これがこいだとりました かわながれるはなでした
いかけてもとどかない 薄紅うすべにはなでした

あやなすそら はし夕立ゆうだとおざかる蝉時雨せみしぐれ
ひとだれかえるまで ときながれにづかない

いていて くだけいて
見上みあげる星空ほしぞら万華鏡まんげきょう
いつかあなたにとどくように
うた百恋歌ひゃくれんか

それがあいだとりました 夜空よぞらかぶつきでした
背伸せのびしてもばしても とどかないつきでした

まよざくら はぐれたつばめ いかける影法師かげぼうし
ひとだれますまで それがゆめだとづかない

はるけるかぜになり
なつあおえるうみになり
いつかあなたのうでなか
うた百恋歌ひゃくれんか

いていて くだけいて
見上みあげる星空ほしぞら万華鏡まんげきょう
いつかあなたにとどくように
うた百恋歌ひゃくれんか

あき七色なないろめて
ふゆはるさがとりになり
いつかあなたのうでなか
うた百恋歌ひゃくれんか

いていて くだけいて
見上みあげる星空ほしぞら万華鏡まんげきょう
いつかあなたにとどくように
うた百恋歌ひゃくれんか