1. 太陽がまた輝くとき歌詞

「太陽がまた輝くとき」の歌詞 幽☆遊☆白書 ED 高橋ひろ

1994/6/17 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
手紙てがみとどいたら
ふうらずに
そっとしまっておいて
ときがたてば
ぼくいま気持きも
きっとわかるはずさ
最初さいしょ最後さいごのおねが
やさしくなれるほど
つよくもなくて
ひたむきにおろかに
きしめあったね
黄昏たそがれせまるころ
ここを背中せなか
とおくのまどから 勇気ゆうき
るよ
そとあめが まだやまずに
れる人々ひとびとまち
それでも太陽信たいようしんじてる
ふるいメロディー
にじむシルエット
やわなざまじゃ とても
にならないね

マーキュロったあと
しみるかん
そんななつかしさに
あふれた日々ひび
でもかないで
きみめたみち
きみしからない夜明よあけに
つづいてる
わすれないで
わすれてくれ
いまきみへのおもいは
あらし逆巻さかまよるうみ
むせびいて
むれはなれた
さまよう2人ふたり道標しるべ
希望きぼう2文字ふたもじ

あいするひとには
いつもれて
えないけど
本当ほんとうだれもが
つたえたいこころこえ
いまこそとど
そとあめがまだやまずに
れる人々ひとびとまち
それでも太陽信たいようしんじてる
ふるいメロディー
にじむシルエット
やわなざまじゃ とても
にならないね
わすれないで
わすれてくれ
いまきみへのおもいは
あらし逆巻さかまよるうみ
むせびいて
むれはなれた
さまよう2人ふたり道標しるべ
希望きぼう2文字ふたもじ