1. 希望の歌歌詞

「希望の歌」の歌詞 高橋優

2011/4/20 リリース
作詞
高橋優
作曲
高橋優
文字サイズ
よみがな
hidden
泥水どろみずりたくられたプライドを背負せおって
くったくなくわらうことでぼくらはたたかっている
ハラワタえくりかえるときほどへりくだって
おもてすことくただ才能さいのうぎすましている

現状げんじょうじゃ理解者りかいしゃすくないまま
それだって「ひとつ」つづけていくことでいつかなにかがわると

しんじている 明日あしたいだがまたのぼってひかりさる
ねがいはかな時代じだいわる いまがどれほどくるしくても

てつそらべるはずがないじゃん」と嘲笑あざわらった
人々ひとびとにライトブラザーズがやってのけたこと
今君いまきみあたまなかえがいていることも
あながちてたもんじゃないとぼくおもうのさ

各々おのおのみちつづいていくよ
紆余曲折うよきょくせつしてまたいつかどこかで たたえると

しんじている いまきてく 夕焼ゆうやけにとりたちがうた
きみこえだれかにとどいまがどれほど孤独こどくだとしても

暗闇くらやみがまたぼくらを手招てまねいているけど
はらそこからわらえるそのときがきっとえていくと

しんじている 明日あしたいだがまたのぼってひかりさる
ねがいはかな時代じだいわる いまくるしくても
しんじている いまきてく 夕焼ゆうやけにとりたちがうた
きみこえだれかをえる いまがどれほど孤独こどくだとしても

うたおう 希望きぼううた