「現実という名の怪物と戦う者たち」の歌詞 バクマン。 ED 高橋優

2011/2/23 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
どうしてぼくだけがこんなにつらいのかといつもおもってた
まわりのひとばかりしあわせそうにえた
だけどきみはなしたらすこしだけだけどらくになった
たようなことをけてくれたからかな

かおえない現実げんじつがときに怪物かいぶつのように
ぼくらのこころざしつぶそうとせてくるけれど

出会であえてかったとこころからえる ひとすこしずつえてく
そのぬくもりをめながら
ささったり卑屈ひくつをぶつけったり
ひとりじゃ辿たどけない場所ばしょ
ぼくらはいまきっとおもむいている途中とちゅう

それはきずいだ綺麗事きれいごとだとわらひともいるよ
すこまえまでぼくもそうおもっていたよ
だけどしんじられるひとがいると日々ひびすこあかるくなる
意固地いこじになっていた自分じぶんのこともかる

いつまでも一緒いっしょにいられるわけじゃないことは
なんとなくかっているけれどいまえる

おもえがいている景色けしきなかでは かならきみわらってて
おんなよろこびをめている

信頼しんらいけたりだれより腹立はらたてたり
ひとりじゃごしない時間じかん
ぼくらはいまきっとあゆめているから

うしなったもの指折ゆびおかぞえたそのあと
いまある希望きぼうとこれからにするひかりかぞえてみるんだ

出会であえてかったとこころからえる ひとすこしずつえてく
そのぬくもりをめながら
ささったり卑屈ひくつをぶつけったり
ひとりじゃ辿たどけない場所ばしょ
ぼくらはいまきっとおもむいている途中とちゅう