「空気」の歌詞 高橋優

2013/7/10 リリース
作詞
高橋優
作曲
高橋優
文字サイズ
よみがな
hidden
空気くうきのようにたりまえ存在そんざいになったようだねぼく
それがあんまりっていない きみはときどきぼく愚痴ぐち

「トキメキがりないようながする、ときどき不安ふあんおそわれる」
大丈夫だいじょうぶだからとぼくはオドける 仕方しかたなくわらきみにトキメいてる

かなしい出来事できごとまえぶれもなく きっとぼくらにもふりかかるんだろう
そのときわすれてしまわないように しあわせのかたちおぼえておくよ

出会であったときよりもずっと きみのことがきなんだよ

空気くうきにしてはよくのどにつまる 簡単かんたんにはめない事実じじつ
それが案外欠あんがいかかせないつながり してしまいがちなつながり

100年先ひゃくねんさきまで計画的けいかくてきかんがえられないぼくだけど
大事だいじなのは今目いまめまえにいる きみおな空気くうきってること

ただしいことなんてらないけれど きっとぼくらはこれでいいんじゃないか
わりがることなげくんじゃなくて どれくらいいけるかためしてみようよ

道草みちくさ何度なんどもしてさ 美味うまいおみせ見付みつけよう

いそがなきゃダメな世界せかいなら わらっていていかれましょう

空気くうきむのが得意とくいじゃなくても ひとわせるのがきじゃなくても
一人ひとりぼっちだなんておもわないでね しあわせのかたちきみってる

かなしい出来事できごとまえぶれもなく いつかぼくらにふりかかってきても
大丈夫だいじょうぶだからとオドけるからさ 仕方しかたなくわらってついてきてくれ

出会であったときとわらない その微笑ほほえみをいつまでも