「靴紐」の歌詞 高橋優

2011/4/20 リリース
作詞
高橋優
作曲
高橋優
文字サイズ
よみがな
hidden
かえきみがまだえる
もうもどっちゃいけない それくらいかってる
少年しょうねん大人おとなわる瞬間しゅんかん
いつごろなのかな いつならよかったのかな

ずっとそばにいてほしい ただそれだけを げることもせずに
なにひとつかたらず ただけた えないようにいた

とおとお見据みすえるさきに どんな暗闇くらやみっていても
ぼくはただ靴紐くつひもむすあるいていくことにしたから
これからこるかなしいこと これからこるうれしいこと
すべてめていくことを こわがるのはもうやめにしたのさ

いとしくて せたあののことを
わすれやしないよ わすれられるわけないだろう

「どこにもかないで」その口癖くちぐせが いつもうれしかったよ
「いつだって一人ひとり」そうおもってた きみ出会であうまでは

わりつづけてくこのまちきみおもはおいていく
ぼくはただ靴紐くつひもむすあるいていくことにしたのさ
きみかせるかなしいこと きみわらわせるうれしいこと
どちらもきみつよくしてくれるよ
まだ景色けしきぼくらをってるんだよ

えらんだみちただしいかな 間違まちがってばかりいるのかな
としたものもかぞれないな
あいとかゆめだけじゃ きられないんだな

とおとお見据みすえるさきに どれほどの孤独こどくがあっても
ぼくらただ靴紐くつひもむすあるいていくことしかできないから
きみ出会であえた素晴すばらしいこと おなじときをきていること
別々べつべつみちうえだけど つよむすんだおもいはもうほどけないだろう