「BLUE BALANCE」の歌詞 高橋克典

1995/11/13 リリース
作詞
松井五郎
作曲
MASAKI
文字サイズ
よみがな
hidden
なぜきしめてるのに
なぜこんなにかなしい
うばえない孤独こどくから
きみをどうすればいい

しがるほどとおのく
ふたりのこた
ためいきが
しあわせをせがむ

ほどけたうでのこ
きみあつさに
まよいこむ
よるきみらない

あいだけくちにしても あいにならない
じれてる こころがくやしいのさ

なぜきしめてるのに
なぜこんなにかなしい
もしこわれるものなら
こわしてしまおうか

いまころしたいくらい
このおれがやましいよ
うばえない孤独こどくから
きみをどうすればいい

このままねむったって
目覚めざめたときに
あてのない一日いちにちづく

綺麗きれいうつった
ゆめのつづきは
そのむね
きっときずつけはじめる

なみだわるような 予感よかんにふるえ
どこまで きみえるのだろう

なぜきしめてるのに
なぜこんなにかなしい
しずかなほほえみまで
残酷ざんこくすぎるのさ

いまころしたいくらい
やさしさがやましいよ
うばえない孤独こどくから
きみをどうすればいい

なぜきしめてるのに
なぜこんなにかなしい
しずかなほほえみまで
残酷ざんこくすぎるのさ

いまころしたいくらい
やさしさがやましいよ
うばえない孤独こどくから
きみをどうすればいい