「友達でいいから」の歌詞 高橋由美子

1994/1/21 リリース
作詞
TAMTAM
作曲
TAMTAM
文字サイズ
よみがな
hidden
とぎれた会話かいわのあいまに
かれとのおも
さまよいだすきみ
つよく つよく
きしめるのさ
「ごめんネ…」と
つぶやきながら
ボクにもたれるきみ
りたてのかみ
かぜれてほほをくすぐる
ひとつのこいわるたび
このむね
ふるえる つばさ
やすめるのも
これが最後さいごなら…
ああ、友達ともだちでいいから…
きみのぞむなら
真夜中まよなか2時にじでも
けてゆくからね
言葉ことばにはできない
気持きもちがあるけど
せつなさはあいへの
プレパレイションさ

きみに してあげられること
指折ゆびおかぞえてみたけれど
まだいま
片手かたてにさえ
りないくらい
かなしみをこえたぶんだけ
ほんとのやさしさが
わかるのなら
ボクはいつか きっと
けるだろう
きもせず
つぎゆめびたつ
無邪気むじゃき笑顔えがお
ずっとまもつづけたいから
ああ、友達ともだちでいいから
きみのぞむなら
どんなときにだって
むねをかすからね
うつろいぎてゆく
季節きせつもあるけど
わらない なにかを
つかみかけてる
友達ともだちでいいから…
せつなさはあいへの…
ああ、友達ともだちでいいから…
きみのぞむなら
真夜中まよなか2時にじでも
けてゆくからね
友達ともだちでいいから…
きみのぞむなら
どんなときにだって
むねをかすからね
友達ともだちでいいから…
きみのぞむなら…