「君の海に」の歌詞 高橋真梨子

1998/4/22 リリース
作詞
高橋真梨子
作曲
鈴木キサブロー
文字サイズ
よみがな
hidden
"貴方あなたには 彼女かのじょ
似合にあいだね" と
あかるかったきみ
なみだこぼしてた
"やめろよ" と
言葉濁ことばにごしたけど
自慢じまんだったドレス
無視むしした夕暮ゆうぐ
西陽にしびまぶしくて
ぶざまにけた
つめたいこころのままで
さよならの歴史れきし
逆戻ぎゃくもど出来できたら
とりまれて んでく
きみさがすため
めるようにえない
やわらかな微笑ほほえ
きみひそかなやさしさ
ぼくうみよみがえ

何時いつだって
ぼくはいじめっだと
わらいしてた
あいなつかしい
自慢じまんだったドレス
ほめた過去かこ
ゆうやけがまる
水玉みずたま模様もよう
こいわすれたくて
この街出まちでった
二度にどとはもどらないよね
さよならの歴史れきし
きっとえてみせる
あきわりにづいた
だれきなのか
何年なんねんぎても
きみえるまで
ねむれぬよるをかぞえて
きみうみにたどり
さよならの歴史れきし
どこまでもえてた
きみかなしいおもいを
わかはずもない
何年なんねんぎても
きみえるまで
ねむれぬよるをかぞえて
きみうみにたどり