「素足のボレロ」の歌詞 高橋真梨子

1994/2/2 リリース
作詞
高橋真梨子
作曲
岡本朗
文字サイズ
よみがな
hidden
突然とつぜん うそつきなかぜ
そのくちびるかみしめてる
ながかさねのおもがよぎったでしょう きっと

このわずかな舞台ぶたいにようやく
たどりついてラストが
はきれたきずだらけのくつほうりなげていた

貴方あなたはビロートのシンフォニー わたしはずっとそばにいる
貴方あなたちわびたオーロラ わたしはずっとここにいる

ほんのボタンのかけちがいで
その記憶きおくしきれない
だけどみんながうらやむほどのあいのうたもける

貴方あなた瑠璃色るりいろのスケルツォ わたしのこころはまない
貴方あなたはやすらぎのサンライズ わたしはまぶしく見上みあげる

わすれられず 何度なんどもくりかえ
あま明日あしたも にがい明日あしたえるときまで

わたし貴方あなたきてく せつないボレロのように
わたし貴方あなたあるひょう うボレロのように

貴方あなたはビロードのシンフォニー わたしはずっとそばにいる
貴方あなたちわびたオーロラ わたしはずっとここにいる