「愛の終りに」の歌詞 高田みづえ

1982/3/10 リリース
作詞
花岡優平
作曲
花岡優平
文字サイズ
よみがな
hidden
ときながれが そっと
街路樹がいろじゅめるみたいに
あのひとこころ
かわって ゆきました
もうすぐ
さよならの
るのはかって
いるけど
いまでもしんじている
あのぬくもりを
あいはいつだって仕方しかたなく
こわれて ゆくけど
だまされててられた
わけじゃない
そんなふうにったなら
わらひとも いるけれど
ひとしんじられない
ひとよりはしあわ

もう えなくなるのが
そんなに いまこわくない
こころの どこかでまだ
しんじられないのでしょう
電話でんわで さよならを
ってしくは
ないのです
受話器じゅわきいたあとの
さみしさがこわいから
あいはいつだって仕方しかたなく
こわれて ゆくけど
だまされててられた
わけじゃない
おなこといながら
だれかが わらって
いるけれど
あいしんじられない
ひとよりはしあわ

あいはいつだって仕方しかたなく
こわれて ゆくけど
だまされててられた
わけじゃない
そんなふうにったなら
わらひとも いるけれど
ひとあいせないよう
ひとよりはしあわ