「千年ロマンス」の歌詞 高見沢俊彦

2007/7/4 リリース
作詞
綾小路翔
作曲
高見沢俊彦
文字サイズ
よみがな
hidden
Ohオー 千年せんねんロマンス きみ
めぐえた ヴィーナス
星座せいざになるまで
きあって myマイ preciousプレシャス
歴史れきしすらえてみよう

オルフェウスがかなでる
竪琴たてごと調しらべも
セイレーンがうたなげきも
アルビレオの彼方かなた

このぼくかみれと
悪戯いたずらわらきみ
ゼウスすら絶句ぜっくする
えらばれしひと

Ohオー 千年せんねんロマンス きみ
めぐえた ヴィーナス
星座せいざになるまで
きあって myマイ preciousプレシャス
歴史れきしすらえてみよう

運命うんめいしんじてた
とおくなるほど
薄紫うすむらさきのアネモネの
花言葉はなことばのように

はる神話しんわころから
僕達ぼくたちちがって
追憶ついおくのひとひらを
彷徨さまよっていた

Ohオー 千年せんねんロマンス きみ
めぐえた ヴィーナス
星座せいざになるまで
きあって myマイ preciousプレシャス
この惑星ほし終焉おわりまで

このぼくみだれさせる
うつくしくつめたいひと
もう二度にどはなれない
はなれられない

Ohオー 快感かいかんのダンス ぼく
ころしてよ ねぇヴィーナス
きみならかまわない
ねがいさ ねぇヴィーナス

永遠えいえんトランス いつか
はなしたねアンビシャス
いにしえのちか
たしにきたのさ

Ohオー 千年せんねんロマンス きみ
めぐえた ヴィーナス
星座せいざになるまで
きあって myマイ preciousプレシャス
ただねむろう そのまで
千年せんねんロマンス