「祝婚歌」の歌詞 高野健一

2009/3/25 リリース
作詞
高野健一
作曲
高野健一
文字サイズ
よみがな
hidden
しあわせあれ しあわせあれ いのちかぎ
二人愛ふたりあいえるように

ひとつ、恋人こいびとのままのいとおしむ気持きもちを
いつまでもたもつべし
出会であったころ写真しゃしん最新いま写真しゃしん
両方りょうほうちゃんとっているように

ひとつ、友達ともだちのようにふざけて
たまにはバカな冗談じょうだんうべし
んだとき、息出いきでるとき、
どちらかがちゃんとわらわせるように

ひとつ、父母ちちははのようなやさしさで
ときには無言むごん見守みまもるべし
本当ほんとう本当ほんとうかなしむとき、
だまってちゃんとそばにいるように

ひとつ、旅人たびびとのようにっすぐに
ちが未来みらい夢見ゆめみるべし
いつかまれる子供こどもまごに、
二人ふたりあいつたえてゆけるように

しあわせあれ しあわせあれ
あめ日々ひびわた日々ひび
よろこかなしみいのちかぎ
二人愛ふたりあいえるように

ひとつ、ライバルのようにときにたがいに
けんでケンカするべし
けはともかく、暴力ぼうりょくなく、
おもったことはちゃんとうように

ひとつ、生徒せいとのようにときに
らないことをおしえてもらうべし
うえから目線めせんはしないように、
ちゃんとひかでいられるように

ひとつ、役者やくしゃのようにときには
かんぺきなうそえんじきるべし
傷付きずつけるだけのわなくていいこと、
ちゃんと秘密ひみつ出来できるように

ひとつ、草木くさきのようにあるがままにめぐ
季節きせつむかえるべし
はなかせ、をつけ、とし、
二人ふたりあいおおきくそだつように

しあわせあれ しあわせあれ
あめ日々ひびわた日々ひび
よろこかなしみいのちかぎ
二人愛ふうたりあいえるように

ひとつ、恋人こいびとのままのいとおしむ気持きもちを
いつまでもたもつべし
じいちゃんになってもおばあちゃんになっても、
つないであるけるように

ひとつ、あかぼうのようなうつくしいこころ最後さいごむかえるべし
ベットのよこ自分じぶんのためいのってくれる家族かぞくつめ
後悔こうかいかなしみをえてこころから
「ありがとう」ってえるように

きてゆく きてゆく
めるときも すこやかなときも
たすうやま息絶いきたえるそのときまで

しあわせあれ しあわせあれ
あめ日々ひびわた日々ひび
よろこかなしみいのちかぎ
二人愛ふたりあいえるように

二人愛ふたりあいえるように
二人愛ふたりあいえるように