「さくら」の歌詞 高野千恵

2008/2/13 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
さくらのした かたのぬくもり
二人ふたり距離近きょりちかづけてゆく
約束やくそくした いとしき日々ひび
あのおなやさしいかぜ
ながれるまま ふわりはなびら
ただひとり 見上みあげていた

かえ季節きせつおもかさねて
もう一度いちどあなただけにあまえられたら
った時間じかんと あなたのかげねが
いとしさになみだあふれる
あのころに もしもどれるなら…

ほほかすめる あわかおりに
よみがえった あなたの笑顔えがお
永遠えいえんさえかんじていた
しあわせだねと ほほえむあなた
ごしたあの 場所ばしょさくら
いまでもそこにあるから

くるいなくぎてゆく はかない時間じかん
またはるわたしだけを おきざりにして
いろあせてゆくなか たったひとついのるの
ひそやかに ひかりなか
いつまでも わたしをてらして

こぼれる記憶きおくあつめ
まもりぬけるから これからも…

かえ季節きせつおもかさねて
もう一度いちどあなただけにあまえられたら
った時間じかんと あなたのかげねが
いとしさになみだあふれる
あのころに もしもどれるなら…