1. 海抜333mからのスケッチ歌詞

「海抜333mからのスケッチ」の歌詞 高野寛

2009/6/17 リリース
作詞
高野寛
作曲
高野寛
文字サイズ
よみがな
hidden
信号しんごうあおわるころ 不意ふいくるまおとされた風景ふうけい
15年前じゅうごねんまえのサーブ900きゅうひゃくは もうここにないまちへとはし
表参道過おもてさんどうすぎればひだり けやきどおりのひとごみ ちら
麻布十番越あざぶじゅうばんこえて いちはし あかいタワーへするりとのぼ

ああ またちる日差ひざしが まどはいんで
まるでぼく東京とうきょういまとお未来みらいのようにながめた
ああ この展望台越てんぼうだいごしに 二人ふたり 夕陽浴ゆうひあびて
平凡へいぼん日々ひびの やるせなさとしあわせを むねきつけて

あかいタワーを見下みおろすビルよ 子供こどものようにつかれてねむ
コンクリートの珊瑚礁撫さんごしょうなでて 海風うみかぜいま ける

ああ またちる日差ひざしが まどはいんで
まるでぼく東京とうきょういまふる映画えいがのようにながめた
ああ この展望台越てんぼうだいごしに 二人ふたり 夕陽浴ゆうひあびて
わる日々ひびうつくしさとはげしさを むねきつけて