「壁に話しかける普通の朝、僕はただの男」の歌詞 髭(HiGE)

2006/11/8 リリース
作詞
須藤寿
作曲
須藤寿
文字サイズ
よみがな
hidden
かべはなしかける普通ふつうあさぼくはただのおとこ
あやまちなら何度なんどだってかえすことができる
ファッションとしての音楽おんがく 大事だいじなモノをはしからって
なんだかんだってるけど、最近さいきんではよるぼく
あらたな可能性かのうせいあたえてくれてるってがしてます

かべはなしかける普通ふつうあさぼくはただのおとこ
毒蜘蛛どくぐもだけがっている
キミののうミソから電波でんぱ ありがたく悪知恵わるぢえ拝借はいしゃく
神様かみさま薄汚うすぎたな丸々まるまるふとったゆび
ドアのこうをしている
活字かつじなにあたえてくれないってキミはうけど
それってのせいだとぼくしんじているよ

かべはなしかける普通ふつうあさぼくはただのおとこ
いまのところ、すこしの不安ふあんもないよ
名前なまえはダイヤルをつけてポケットの奥深おくふかくしまいんである
ふくならさっきガソリンスタンドにいてきた 襟付えりつきのナンバープレート
グリコのネオンよろしく退屈たいくつすぎた一日いちにちわかれをげる
そろそろこたえがしいんだ 子供騙こどもだましのうそならもうらない
とっておきのぼく秘密ひみつ交換こうかんしよう
人生じんせいいかりをあらわにしてあせながすなんて
最低さいてい仕事しごと
なやむってわることばかりじゃないさ
キミののぞ狂気きょうきったあと
この感触かんしょくだけはのこっている