「オトナのオモチャ」の歌詞 鬱P,赤飯

2011/2/2 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
あいされた形跡けいせきのこされてなく
とどこおりなくかよわせた幸福こうふくもなく
のこされた玩具箱引おもちゃばこひっくりかえして
またぼくいてつく笑顔出えがおだ

贋物にせものあえごえ

赤子用玩具あかごようおもちゃのように牛耳ぎゅうじられたこころきず
背中姿せなかすがたなくそそあめ

いきくように嘘吐うそは正気しょうきさえうば
くろにじんだ憎悪ぞうおはなとき

ほら アブナイ玩具おもちゃけて
みにく身体からだいてやれ
こえにならぬ感情かんじょうるわせ
くさてた患部かんぶブチいてやれ
ぼくいたやいばより
おもふかさる こと

隙間すきまからえたのは大人おとなだけの世界せかい
きたなくて暑苦あつくるしいトラウマの宝庫ほうこ
押入おしいれにきずいてたぼくだけの世界せかい
うつくしく清々すがすがしいゆめ希望きぼうくに

ゆがまれた 脳細胞のうさいぼう

ひらかれたこころすみ かびがる傷口きずぐち
よみがえ記憶きおくかぎ たった一言ひとこと「いなくなれ」

太陽たいようまぐれにさえぎ希望きぼうむしば
影坊主かげぼうず友達ともだちになり 永遠えいえんやみ
罪悪感ざいあくかんゼロ

たのしいおもちゃ おとなのおもちゃ
いきてるおもちゃ つかえるおもちゃ
たのしいおもちゃ おとなのおもちゃ
いきてるおもちゃ かなしいなー

ほら アブナイ玩具おもちゃけて
みにく記憶きおくいてやれ
にくしみくしてこびりいてた
きたなあかとすとき
だれもわかっちゃくれないよ
ぼくにしかからぬミリのわな
えぬほどちっぽけでも
おもふかさる
こと