1. 僕等 バラ色の日々歌詞

「僕等 バラ色の日々」の歌詞 鬼束ちひろ

2007/9/19 リリース
作詞
鬼束ちひろ
作曲
鬼束ちひろ
文字サイズ
よみがな
hidden
このやみひかりだと
かせた
きみくようにわらうから
もとめるようなこと出来できないのを
おぼえた

あさよる呼吸こきゅう
見失みうしなった
こごえては火傷やけどしながらも
やさしいこえうたえるのを
ためした

えるはずもなかった
さがしてるものはもういなんて
うそぎて本当ほんとうになった
この世界せかい

ひと迷子まいごになるということ
いて
あるいてゆけるから
どうぞはなして
何度傷跡なんどきずあとえても
かえす まるで あやまちのように
ああ僕等ぼくらバラいろ日々ひび

あてはいつだって
何処どこにもなくて
それでもたどかすかぜ
つづけてる
かなしいてにえるなら
じて

楽園らくえんはるこうで
こんなになにこたえないまま
それをれてりにされた
このおもいは

ひとべずにまること
って
いつかは大人おとなになる
だからはなそう
最初はじめからまぼろしりして
えてく まるで いなかったように
ああ僕等ぼくらバラいろ日々ひび

ひと迷子まいごになるということ
いて
あるいてゆけるから
どうぞはなして
何度傷跡なんどきずあとえても
かえかえ

ひとべずにまること
って
いつかは大人おとなになる
だからはなそう
最初はじめからまぼろしりして
えてく まるで いなかったように
ああ僕等ぼくらバラいろ日々ひび

ああ僕等ぼくらバラいろ日々ひび