「私とワルツを」の歌詞 鬼束ちひろ

2003/11/27 リリース
作詞
鬼束ちひろ
作曲
鬼束ちひろ
文字サイズ
よみがな
hidden
時計とけいうごくのをやめ
奇妙きみょう晩餐ばんさんしずかにつづ
なにかをがすように

もう そろそろくちじて
かりえてるかどうかのこたえは
多分たぶんどこにも
それなら身体からだうだけでも

やさしいものは とてもこわいから
いてしまう 貴方あなたやさしいから
だれにもきずかないようにと
ひとりでなんておどらないで
どうかあたしとワルツを

このふゆわるころには
こおった鳥達とりたちけずにちる
不安ふあんべないまま

あと どれだけあるけるのだろう
きっと貴方あなた世界せかいてへでも
くとうのだろう
すべての温度おんどはらいながら

うしなときが いつかこと
っているの 貴方あなたかなしいほど
それでも なぜきようとするの
なにしんじられないくせに
そんなさびしい期待きたい

やさしいものは とてもこわいから
いてしまう 貴方あなたやさしいから
だれにもきずかないようにと
ひとりでなんておどらないで

不思議ふしぎほのおかれているのなら

悲鳴こえげて 名前なまえんで
一度いちどだけでも それが最後さいごでも
だれにもきずかないようにと
ひとりでなんておどらないで
そしてあたしとワルツを

どうかあたしとワルツを