「春、サクラ」の歌詞 鴨川

2007/5/9 リリース
作詞
目崎清虎
作曲
目崎清虎
文字サイズ
よみがな
hidden
サクラはるまばた
きみなみだおもになる
キミとあるいたながとき
永遠とわえること

つからないこたえだと あきらめてさきいそいだ
自分じぶんあしあるいているかもわからないくらい
都会まちにし 故郷ふるさとれるはるさと
手紙てがみつづられた気持きもちがつたう このむね

かぜながすこはやきみ声運こえはこんでく
いつかの約束やくそくも そのままで
まだ のこおもいは 嗚呼ああ このままに
もどらないと まためたのに きみかえ

sakura咲サクラさはるまばた
きみなみだおもになる
きみあるいたすべての景色けしきぼくいかけるつみ

うたたくそうはなれるこころ 時間じかん無情むじょうながれる
あれからつぎまちかんがえてます
かえそうとした手紙てがみにも いまだにきみとの日々ひび
うつってるようでせつなくて きみおも

サクラはるまばた
きみなみだおもになる
キミとあるいたながとき
永遠とわえること

ずっとずっとずっとえない
サクラ、サクラがれ
おもいをせてきみまちまでとどいてしいといのった
きみもと