「想像フォレスト」の歌詞 鶴田加茂&MOSAIC.TUNE,初音ミク

2012/11/7 リリース
作詞
じん(自然の敵P)
作曲
じん(自然の敵P)
文字サイズ
よみがな
hidden
夏風なつかぜがノックする まどけてみると
何処どこからかまよんだとりこえ
みかけのほんき「どこからたんだい」とわら
目隠めかくししたままの 午後三時ごごさんじです。

世界せかい案外あんがいシンプルで 複雑ふくざつ怪奇かいきした
わたしなんて だれ理解りかいもされないまま
街外まちはずれ、もりなか人目ひとめにつかないこのいえ
おとずれるひとなど いないわけで。

わせないで!
かたまったこころ一人ひとりぼっちであきらめて
うつった無機物もの安堵あんどする日々ひび
物語ものがたりなかでしからない 世界せかいすこあこがれる
ことくらいゆるしてくれますか?

淡々たんたんながした まれてしまった理不尽りふじんでも
案外人生あんがいじんせいなんで。わたしなかじゃ。
ねぇねぇ、突飛とっぴ未来みらい想像そうぞうしてふくらむ世界せかい
今日きょう明日あしたでも ノックしてくれないですか?

なんて妄想もうそうなんかして そとながめていると
突然とつぜんこえてきたのはしゃべごえ
みかけのハーブティーを 机中つくえじゅうらし
「どうしよう…」と ドアのこうをつめました。

わせると いしになってしまう」
それは両親りょうしんいたこと わたしもそうなっているよう
物語ものがたりなかなんかじゃいつも こわがられるやくばかりで。
そんなこと っているわけで。

トントン、とひびきだした ノックのおとはじめてで
緊張きんちょうなんてものじゃりないくらいで。
ねぇねぇ、突飛とっぴ世界せかい想像そうぞうしているよりも
じつ簡単かんたんにドアを けてしまうものでした。

ふさぎうずくまる姿すがたにそのひとおどろいて
るといしになってしまう」とうと ただわらった。
ぼくだっていしになってしまうと おびえてらしてた
でも世界せかいはさ、案外怯あんがいおびえなくていんだよ?」

タンタン、とひびいた こころおくあふれてた
想像そうぞう世界せかいすこして
ねぇねぇ、突飛とっぴ未来みらいおしえてくれたあなたが
またまよったときは ここでっているから。

夏風なつかぜ今日きょうもまた あなたがくれたふく
フードをすこしだけ らしてみせた。