「vivid blank」の歌詞 鶴田加茂&MOSAIC.TUNE feat.初音ミク

2015/1/1 リリース
作詞
5,鶴田加茂,MOSAIC.TUNE,磯村カイ
作曲
5,鶴田加茂,MOSAIC.TUNE,磯村カイ
文字サイズ
よみがな
hidden
夕方ゆうがたかえみち いつもの電車でんしゃなか
おんな赤裸々せきららトーク さりげなくみみてた
片思かたおもいがツライ」といきつくその
親近感しんきんかんいて こっそりうなずいてみたり

かなわずとも こい偉大いだい
きみのことをかんがえるたび わすれていた心臓しんぞう場所ばしょがどこかおもして
なんだか息苦いきぐるしいな

ぼくきてて からだがあって こころがあって 感情かんじょうがあって
なんてことない当然とうぜんのこと それがなにより障害しょうがいなんだ
きみ出逢であって ぼくわって 一方通行いっぽうつうこうこいをしてる
どれだけうでばしてみても つかめない虚像きょぞうわら
ぼく世界せかいあざやかなまま きみりない
きみだけが

みちしてみたファミレスのとなりせき
おんな愚痴ぐちがパレード いやでもこえてくるんだ
遠距離えんきょりはシンドイ」とこころなか
とどかぎりは大丈夫だいじょうぶ、とはげましてみたり
ちかいようでとおぼくらの距離きょりはとてもはかりきれない
次元じげんえる手段しゅだんはどこにもない わかってても
一度いちどだけでも、えたら

ぼくきてて からだがあって こころがあって 感情かんじょうがあって
なんてことない当然とうぜんのこと えられないかべこわしたい
きみ出逢であって ぼくわって 一方通行いっぽうつうこうこいをしてる
どれだけうでばしてみても つかめない虚像きょぞうわら
ぼく世界せかいあざやかなまま きみってる
きみだけを

ある突然とつぜん わりをむかえた
つめたくなるディスプレイ
もう二度にどひかりもどらないとおもって いたんだ
このこころ一生いっしょう きみきざんでくだろう
やがて ねむりにちたさき

いまきみがいる
出逢であわなければかった、なんて どうしてもにはなれなくて
だってとっくに出逢であったぼくら やっとゆめでも出逢であえたぼく
きみわらって ぼくわらって それだけで充分じゅうぶんだとおもえて
一方通行いっぽうつうこうじゃなかったと おな気持きもちだとしんじてる

よるけるまで ここにいてくれ ゆめでいいからきみれさせて
そっとかさねた指先ゆびさきからは ぬくもりをかんれないけど
たしかにぼくこいをしていた あきれるくらい、これはこいだった
最大級さいだいきゅうきみ笑顔えがお虹色にじいろしていく
えてかった しあわせだった これがぼくらの「さよなら」だ
さよならだ